顔赤み化粧水
MENU

顔に赤みがあるときのスキンケア記事一覧

赤ら顔と気になり化粧を濃くしすぎることで赤みが余計に目立ったり、違和感がでたり、メイクが崩れやすかったりさらに肌が真っ赤になるという負のスパイラルに。そこで赤ら顔なら必ず押さえたい化粧品選びの5つのポイントを紹介します。緑系のベースメイク赤ら顔を白くしたいからと白くなる化粧品でメイクを施しすぎると、白では赤みは消せずどんどん塗りすぎてますます肌に負担がかかる悪循環に陥ります。赤ら顔には実は緑系のベ...

顔が赤くなってしまっている状態のことを赤ら顔と言います。様々な原因によって引き起こされている症状で、タイプも様々なものがあるためタイプに合わせて改善していことが大切です。赤ら顔の大きな原因の一つにスキンケアが挙げられます。特に多いのが、洗顔のしすぎやゴシゴシ強く洗ってしまうことによって肌に刺激と負担がかかることによって肌の乾燥してしまうことにより、肌のバリア機能が低下することで肌荒れになることで顔...

赤ら顔の場合には、肌荒れをしていたり、ニキビなどの炎症などにより色素沈着している状態が原因の場合があります。そのため、肌が体質的に弱い場合や、肌が乾燥していたり、皮脂の過剰分泌などをしている場合があります。そのためスキンケアをする場合には、できるだけ肌に刺激を与えないようにすることも大切です。洗顔時には、しっかりと余分な皮脂や汚れなどを落とす必要もありますが、洗顔料などが肌に対して刺激になってしま...

赤ら顔に悩んでいる方に朗報です。赤ら顔はメイクによって簡単に解決できてしまうのです。まずは下地の選び方です。今はやりのコントロールカラーを使えば、1発で色白肌を手に入れられます。自然に肌の赤みを消すのに有効な色は、グリーンもしくはイエローのベースカラーです。このなかで自分の肌によりなじむものを選ぶのがおすすめです。一般的にはイエローベースの肌にはイエローが、ブルーベースの肌にはグリーンがなじみやす...